「チベット」

「チベット」

 波紋使いの総本山であり、また、その意思決定の場を指す。

 波紋使いは従来、世界中を放浪することで、己の肉体と精神を鍛え上げる一種の求道者でもあるので、その活動を監督する組織は必要としなかった。

 しかし、「DIOの系図」による吸血鬼の数的拡散が本格化しつつある現状では、「討伐者」としての彼らをまとめあげる存在が必要となり、寺院の管理や対外的な交渉などを主要業務とする「会衆」がその役割を担うことになる。

 

 



情報提供のお願い

 当グループでは、19世紀後半~第一次世界大戦までの欧米各国における様々な情報を求めています。
 WEB上のデータのみならず、書籍や映像資料の一次資料についてなにかご存知でしたら、y2k000アットマークlivedoor.comか掲示板までご連絡をお願いします。