JOJO1.5 本文アーカイブ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-05

[][] 2007-05-05 - JOJO1.5 本文アーカイブ を含むブックマーク

 予想以上に時間が取れない状態が続いているので(恐らく6月上旬まで)、ちょっと方針転換。

 カテゴリ「予定表」では、これから起こる出来事を年表的に、ではなく羅列的に記述することで作業量を軽減し、「JOJO1.5」という一つの(あるいは四つの)物語として埋めていくことは後ほど段階を踏んで、行うことにします。

 

 ここで記述されるものはPART○-○と書かれることはなく、いくらかの人物や事件にまつわる断章が描かれることになります。また、これはあくまでも決定稿ではないことにご留意いただきたいと思います。

 

  • <無法の世界>について。

 無法の世界は三世代目のDIOの系図であり、また突然変異である。無法の世界という人物がなにゆえに突然変異たりえるか、そして、なによりも「無法の世界」たるのかはこの吸血鬼が有する一つの異能に由来するのだが、それはさておき、彼がストレイツォに接近するのは1903年のことであり、ジョージたちと出会うのは、その数年後。蒸気船貿易華やかなりしアメリカはミシシッピ川でのことになる。アンタレス号という鏡の客船(と形容された変り種の内装を持つ船)のオーナーが彼であり、この大きな船が生計の貨物と乗客とともに、しばしば得体の知れないモノが乗り込んでいたという港民の証言がある。


  • アンタレス号事件

 1911年8月、ミシシッピ上流の水路選択を誤ったアンタレス号は砂浜に乗り上げてしまい、そこで不幸にも座礁したこの船は付近に潜伏していた(らしい)盗賊団によって略奪および放火の憂いに遭った(と看做された)。

 不可思議なことに、救助要請をうけて近隣の港よりやってきた船の構成員は細い水路にはまりこんだ挙句、焼け爛れて無残な屍と化したこの巨船を目撃するのだが、乗り込んでみると内部に残されたのは略奪に入った盗賊が数名いるだけで、しかも、彼らは軒並み痴れ人と化していたのである。

 痴れ人が発見されたのはアンタレス号の異名の由来となった大ホールであるが、その壁に張り巡らされた美しい銀鏡にはなにか恐ろしい傷跡が残されていたという。船員は全員、行方不明。その晩は、貨物のみを積んだ航行だったと記録に残っている。


 かつて「恐るべき闘争時代」があり、地底に眠るおぞましいモノが目覚めたことで、波紋使いが誕生し、また滅びに瀕した。彼らは良く闘い、よく守ったが、おぞましいモノによって押しつぶされ続け、その際に築かれたはずの「体系」とともに散逸したものが「いくつかのもの」と呼ばれる“遺産”である。波紋使いはこの「体系」と「遺産」の取得、すなわち、最初にして最盛の「波紋」の復活を目指す。

 およそ2000年の離散と統合の末、「チベット」はついに最後の“遺産”の在り処を認め、トンペティ師の下知が今代最高の波紋使い、ストレイツォに与えられる。1904年のことである。


  • ストレイツォとトンペティ

 「チベット」は信用できない。「チベット」を信じるな。ワシのみを信じよ。

 トンペティが時として、子飼いの波紋使いたちに漏らすのがそれである。だが、なぜ「チベット」を、波紋使いの総本山を師が信用してはならぬと語るのかが忠弟たちには分からない。トンペティが内実を語らないためだ。だが、トンペティは「チベット」の会衆――波紋使いをまとめあげる会合――と触れ合ったとき、ヴィジョンを見ている。

 なんということだ――トンペティは驚嘆する――「チベット」はすでにDIOの系図に毒されている! 何者かが堕ちたのだ。だが、誰が? トンペティの予言はそこまで教えてくれない。持つものの飢えが生まれる。持たざるものならば、悩みをしないものを。なまじ知ってしまったゆえにトンペティは希求する。裏切りの所在を。

 かくして、執拗な、偏執狂的なまでの観察を自らの義務とみなす。そこに元来のおおらかさはない。

 トンペティもまた老いたのだ。老境が容易く狂気を呼び込んでしまった。さらに、それは弟子に伝播する。徐々に。しかも、歪な形で。

 愛弟子、最高傑作。ストレイツォ。だが、彼の内心では吸血鬼の絶対排斥を掲げる師との静かな決別が始まっていた。

ChucklesChuckles2011/10/13 01:08This article achieevd exactly what I wanted it to achieve.

cvincudfcvincudf2011/10/13 21:01MIdYgT <a href="http://mssyghqtdnek.com/">mssyghqtdnek</a>

jiunqsknejiunqskne2011/10/14 18:05DlzZp9 , [url=http://otzcntmzljhb.com/]otzcntmzljhb[/url], [link=http://nkbvejhzspdh.com/]nkbvejhzspdh[/link], http://tozuewcpwiuu.com/

yjplxqtyjplxqt2011/10/17 01:51gFRAyn <a href="http://odgyigkgrjat.com/">odgyigkgrjat</a>

wkytzrgmeywkytzrgmey2011/10/18 18:36qJoCD6 , [url=http://ymcoywvoffse.com/]ymcoywvoffse[/url], [link=http://vbvwrfdjeruy.com/]vbvwrfdjeruy[/link], http://buvuzfqvdivy.com/